耐震住宅・注文住宅・リフォーム・外構 岐阜西濃、住まいのことなら KENSHO





安心の住まい スーパーストロング構造体

一度地震が発生すると、古くからある住宅の倒壊写真がクローズアップされます。
日本家屋が地震に弱い住宅のように思われがちな一面ですが、そうではありません。
地震への考え方を明確にし、木造住宅の強さを「日本家屋」に表現する「スーパーストロング構造体」の家。
岐阜のKENSHOは、新築住宅に強さを求めました。
KENSHOでは、スーパーストロング構造体の加盟店として、責任ある施工をおこなっております。
材料部材の強度はもちろん、堅実施工が自慢です。

ワンランク上 安心の基礎

立ち上がり幅を150mm(基準法の25%アップ)に設定することにより、鉄筋の防錆配慮年数も建築基準法の2.6倍を確保しました。
また、コンクリート強度21N/m2(建築基準法の17%アップ)を採用し、現場環境によっておこる強度低下に予め配慮します。

※鉄筋の配置は、補強部分を表現しています。

高性能 プレカツト集成材

集成材は一般木材と比較し約1.3倍の強度があり、工場で加工された柱や梁はどは、高品質でくるいも少なく、現場での取り扱い性にも優れ、40坪程度の住宅であれば1日の上棟も可能です。

集成材 こだわりの理由

在来比1.7倍 接合合金

環境に配慮したジャストカット


「スーパーストロング構造体用金物」は、柱・梁・土台の接合部分の強度が従来の在来工法と比べ約1.7倍強く、より大空間な間取りを実現できます。
また、柱においても断欠損面が少ないので強度低下を防ぎます。


外壁や床に面材を使用し、地震などの外力を面全体に分散させて、高い耐震性を発揮します。
また、面材は工場においてジャストカット加工されるため、ゴミや切断の際に飛散する切粉が少なく、きれいな施工現場を保つことで近隣への十分な配慮が可能です。

面材が安心の住まいを実現


在来工法(木造軸組工法)

スーパーストロング構造体(壁構造)

面で支える構造で、地震による住宅の被害を軽減することができます。
ご家族の安心を支える「スーパーストロング構造体」の高い耐久性と安全性を是非ご検討下さい。
有限会社 KENSHOでは、保証システムと併せてご提案させていたいております。
掲載の「スーパーストロング構造体」のご紹介は、ほんの一部です。
詳しくは、メーカーホームページをご覧下さい。

|耐震住宅|一戸建て|新築|注文住宅|介護|リフォーム|バリアフリー|西濃|岐阜県揖斐郡揖斐川町|
(C)有限会社KENSHO   岐阜県揖斐郡揖斐川町上野1106−14